川島保育園

保育の様子更新情報

  • 2016/00/00 更新情報がはいります
  • 2016/00/00 更新情報がはいります
  • 2016/00/00 更新情報がはいります
  • 2016/00/00 更新情報がはいります
  • 2016/00/00 更新情報がはいります

トピックス

  • トピックス情報がはいります
  • トピックス情報がはいります
  • トピックスがはいります
  • トピックスがはいります
  • トピックスがはいります

園長あいさつ

 創始者である父・増山林が、当時、第二次ベビーブームと女性の社会進出により、地域に保育所が必要との要請があり、川島福祉会を設立しました。
 「川島保育園」は、当時60名定員で開園。1階建ての小さな保育園でした。入園希望者の増加に対応すべく、次々に園舎を増築し定員を増やす努力を続けました。時の流れと共に園舎は老朽化し、更に平成7年、当地をおそった国内最大級のダウンバーストにより大きな被害を受け、安全性を確保すべく改築。現在のオレンジ色を基調とした2階建の園舎に生まれ変わり、定員は140名。設立当時からの方針「明るく 元気で のびのびと」をモットーに、「知・情・体」の調和の取れた環境の中、乳幼児の総合発達を促すことを目標としております。
 また、当川島福祉会は、軽費老人ホーム「サンライフ川島」と「幼保連携型認定こども園 川島こども園(旧:川島第二保育園)」を運営しております。子どもたちとお年寄りの交流を通して、核家族では培うことが難しいと思われる、人とのつながりの大切さを分かち合っていければと思っています。
 これからも地域に根付き、子育て家庭を支える児童福祉の核となるべく努力してまいりますので、お力添えいただければ幸いです。何卒宜しくお願い致します。

社会福祉法人川島福祉会 川島保育園
園長 峯島 康子

大型遊具

このページのトップへ